脳血管性認知症

< もどる

脳梗塞、脳出血、脳動脈硬化などのために、神経の細胞に栄養や酸素が行き渡らなくなり、その部分の神経細胞が死んだり、神経のネットワークが壊れて意欲が低下、複雑な作業ができくなる傾向があります。