レビー小体型認知症

< もどる

認知症の一種で、認知症全体の内、20%ほどがレビー小体型です。
男性に多く、他の認知症と比べて進行が早い特徴があります。
レビー小体という物質が脳内に現れることで症状が発生します。

<特徴的な症状>
・認知障害
・パーキンソン症状 – 体が硬く動きにくくなる、手が震えるなど。
・幻視 – お皿に虫が見える、誰もいないところに人が見えるなど。

関連:アルツハイマー型認知症